LIONのシステマ薬用歯間ジェル、「青色」と「淡黄色」の違いを調べてみた

同じシステマシリーズから発売されている歯間ジェルには、

  • 淡い黄色の液体である「システマジェルFa」
  • 青い液体である「デンターシステマ薬用デンタルジェルa」

の2種類があります。

気分で変えながらどちらの種類も使っていたのですが、これらの違いがよく分からないままだったので、自分でいろいろ調べたり、通っている歯科やライオンに問い合わせたりしてみました。

結論だけ言うと、淡黄色の「システマジェルFa」のほうが性能いいです。

2つのシステマ薬用歯間ジェルの違いについて

本記事で取り上げる「システマ薬用歯間ジェル」とは、下記2つの商品を指します。

販売名システマジェルFaデンターシステマ薬用デンタルジェルa
製品画像
液剤の色
公式サイトlion-dent.comsystema.lion.co.jp
製品画像はAmazon公式サイトより引用

正式名称だと長いので、以降は「システマジェルFa」「デンタルジェルa」と表記します。

「システマジェルFa」は歯科医院向け、「デンタルジェルa」は市販品

「システマジェルFa」は歯科医院向けの商品、「デンタルジェルa」は市販品です。

今回のものに限らず、DENTシリーズは歯科医院向けに製造・販売されています。ライオン歯科材株式会社のホームページに行けば一般用の閲覧ページも用意されているので、区分けはそれほど気にしなくていいとは思います。

ちなみに「デンタルジェルa」は、大きめのドラッグストアに行けば売られているそうです。ぼくは見たことがありませんが。

薬品濃度は「システマジェルFa」のほうが濃いらしい

ライオンに問い合わせてみたところ、「システマジェルFa」は「デンタルジェルa」よりも、殺菌剤を多く配合しているとのこと。

具体的にどの成分がどのくらい…までは教えてもらえませんでしたが、

  • IPMP(イソプロピルメチルフェノール)
  • CPC(塩化セチルピリジ二ウム)

の配分が、市販の「デンタルジェルa」より濃くなっているのでしょう。

どちらも使っていた実感ですが、たしかに「システマジェルFa」を使うようにしてから、炎症が減ったように感じます。

フッ素が入っているのは「システマジェルFa」のみ

「システマジェルFa」にはフッ素(MFP:モノフルオロリン酸ナトリウム)が配合されていますが、「デンタルジェルa」にはありません。

歯医者の先生によれば、フッ素は歯の根本にできる虫歯(根面う蝕こんめんうしょく)を予防するために必要な成分なので、できるだけフッ素入りを選んだ方がいいとのこと。

クリニカの解説が分かりやすかったので、こちらを貼っておきます。

大人ムシ歯とは|歯の健康基礎知識|ライオン−クリニカ
大人ムシ歯についてご説明します。予防歯科から生まれたクリニカ。

値段は高いけど「システマジェルFa」のほうが性能いい

あとは

  • 香味の効き具合(システマジェルFaはマイルド、デンタルジェルaはクール)
  • 容量(システマジェルFaは20ml、デンタルジェルaは18ml)
  • 値段(システマジェルFaは500円前後、デンタルジェルaは300円前後)

といった細かな違いくらいしかありませんが、「システマジェルFa」のほうがスペックは高いですよ、という話でした。

ライオン歯科材
¥489 (2022/06/28 21:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
雑記
スポンサーリンク
わらラボ

コメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました