うつ病の無職こそ使いたい、届け出だけでもらえるお金シリーズ

図書館で「大図解 届け出だけでもらえるお金(井戸美枝・著)」を借りてきた。

国の制度や給付金の情報を、見開きページでまとめた本である。

Amazonの口コミにある「ネットで調べれば出てくる情報」というのは本当なんだろうけど、そもそも制度の名前なんて知らねーよってときに、パラパラめくって給付金・助成金の名称を知れるだけでも、価値のある本だと思う。

今回は、いま無職の自分が

  • 今後、使うことになりそう
  • 条件が合えば使いたい

と思った制度を、本の内容を参考にしつつまとめてみた。

自分が使えそうな制度や給付金

傷病手当金

これは現在進行形で使っている。

サラリーマンが病気やケガで仕事を休職したり、退職したりした場合に「健康保険組合」からもらえるお金である。

期間中、しっかり病院に通って治療していれば、収入の2/3くらいの金額が最大1年6ヶ月(18ヶ月)は確保される。

また給料と違って課税所得として扱われないので、もらったお金については所得税・住民税がかからない。個人的には、これがいちばん嬉しかった。

退職後に初回申請するときでも使えるので、積極的に使っていくべき。

失業給付の基本手当

いわゆる「失業保険」。会社を退職した後、転職するまでの間に使える制度である。

一般の自己都合退職者であれば給付日数は90日間だが、精神障害者保健福祉手帳を取得していれば300日(6ヶ月)まで受給期間を延ばすことができる

失業保険を障害者枠で受給すると給付制限なしの受給日数は300日以上
失業保険の受給には健常者と障害者で受給条件や給付日数に違いがあります。 最も大きな違いと言えば、雇用保険の加入期間が1年以上10年未満の場合「一般受給者の場合90日」なのに対して「障害者の場合は300日以上」(年齢により変動)となります。 要は、一般受給者の3倍近くも受給日数が伸びるのです。このように失業保険の受給に関...

上記の傷病手当金と合わせれば、最大で2年半は給付金生活を送ることが可能となる。同じく課税所得にもならないので、併用してもしなくても、かなりありがたい。

傷病手当金が「働けない状態のときにもらえるお金」なのに対し、失業給付は「働ける状態のときにもらえるお金」。

なので、働ける状態になるまでは受給を保留しておく必要がある。

病気で退職した場合は傷病手当金→失業給付の順でもらうようにすれば、制度を余すことなく活用することができる。

そのためには、退職後に失業給付の受給延長の手続きをしないといけない。離職してから1ヶ月後に、ハローワークで手続きを行っておこう。

障害年金

傷病手当金を使い切っても仕事ができる状態にない場合は、障害年金を申請する方法もある。

「精神疾患だと審査が厳しい」と言われているが、傷病手当金で通院生活していても治せそうにないことを伝えれば、医師も汲み取ってくれるだろう(ちゃんとした医院なら)。

わたしの場合、会社に在籍しているうちに病院に通いはじめたので、申請の壁である「初診日認定」はクリアしている。

また初診日はサラリーマンとして厚生年金を支払っていたため、いまの病状が続くようなら、無職でも「障害厚生年金」として認定される。

もし審査の結果、障害年金に該当しないとなっても、一時金である「障害手当金」が支給される可能性もある。

今後どうなるか分からないけど、いちおう知識として取り込んでおくことにする。

技能習得手当

ハローワークで公共職業訓練などを受講するとき、失業給付の基本手当とは別にもらえる給付金。

失業給付を受けているならもらえる可能性大なので、必ずハローワークで聞いておきたい。

技能習得手当には「受講手当」と「通所手当」があり、それぞれ下記のお金が加算される。

各手当の内容

受講手当:受講するとき、日額500円が加算(上限2万円)
通所手当:交通費として、月額上限4万2500円が加算

上記2つとともに、もし家族と離れて寮生活をすることになったときは「寄宿手当」(月額1万7000円)も支給される。

寄宿してない日は減額されるそうだが、別居する必要が出てきたら使ってみたい。

常用就職支度手当

失業給付の受給日数(最低1/3以上)を残しながら再就職できたとき、一般的には「再就職手当」を受けられる。

これが障害者雇用などの場合、再就職手当の代わりに「常用就職支度手当」という給付金にすることもできる。

再就職手当と常用就職支度手当について | 千葉労働局

それぞれ細かい計算方法はあるけど、常用就職支度手当だと失業給付の支給残日数が1/3より少なくてももらえるメリットがある。

うつ病で手帳を持っており、失業給付の残り日数が迫っている中で再就職できそうなら、こちらの制度を使ったほうがいいかもしれない。

まとめ

本記事では病気やけが、転職に対する制度がメインの内容となったが、それ以外にも結婚・住まい・老後・弔意ちょういの項目もある。いまは使わなくとも、「こんなのがあるんだな〜」という参考にはなるだろう。

イマイチな点を挙げるとすれば、制度の細かい情報・ルールは載せられてないところ。

目についた制度の詳細を知りたいなら、ネットで調べなおしたり、詳細な専門書を探したり、該当する機関に相談したりしないといけない。

なので、

  • とりあえずどんな制度があるのか知りたい
  • 広く浅くでいいから情報を仕入れたい
  • 名前は知らないけど、自分がもらえそうな給付金はあるのか?

という人なら、読んでおいても損はないと思った。

感想をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました