【Mac】Catalina以降のOSでAviUtlを使うための環境を「完全無料」でつくる方法

どうしてもMacBookでゆっくり実況を作りたくなり、AviUtlの導入を考えた。

一昔前なら、EasyWineを使ってWindowsアプリを擬似的に動かすことはできたのだが、macOSがCatalinaとなってからはWineそのものが未対応となってしまった。

有料でいいならParallels Desktopで仮想化したり、海外製のソフトを購入したり、なんならWindowsパソコンを買ってしまったほうが早い。

だけど、

  1. MacOS Catalina以降で、
  2. Windowsのフリーソフトを、
  3. Mac上で「完全無料で」使えるようにする

には、Macの「Boot Camp」機能で、評価版のWindows10をインストールするしかないという結論に至った。

今回は備忘録として、Macでゆっくり実況をつくるための環境構築についてまとめてみた。

Windows10は無料でも使える

Windows10は過去のOSと違い、ライセンスキーを入力しなくても、普通に使える。

使用するのに制限が少しかかるくらい。

制限される機能の例
  • 画面の右下に透かしが入る
  • 壁紙やログイン画面を変更できない
  • 時々、購入を促すポップアップが表示される

「AviUtl」と「ゆっくりムービーメーカー」しか使わないなら、それほど支障ないはずだ。

評価版のWindows10は期間延長も可能

また、インストールするOS(評価版のWindows10)のライセンスは有効期間の延長が可能である。

パソコンをインターネットに繋げているなら、なにもしなくても180日間は使える。(オフラインだと10日間)。

しかもライセンスの更新は、コマンドを打てばさらに期間を延長できる。

Windows10(評価版)を延長する方法
  • 手順1
    延長回数を確認する

    コマンドプロンプトを右クリック→管理者権限で起動し、slmgr -dlvと入力してEnterキーを押す。

    「残りのWindows猶予状態リセット可能回数(延長できる回数)」が1以上であることを確認する。

  • 手順2
    延長するコマンドを入力

    コマンドプロンプトからslmgr -rearmと入力してEnterキーを押す。

    画面の指示にしたがって再起動すると、90日間延長される。

更新できる回数は、最大6回。日数にして1080日、3年くらいは使い続けることができる。

これだけ期間があれば、続けることができてPCを買っても、途中で飽きて脱落しても、サイフが痛むことはない。

延長すら面倒くさいなら、eBayで「Windows10」と検索すれば幸せになるかもしれない。

BootCampでMacにWindows10を導入する

BootCampとは、Macの記憶メモリの一部を、Windowsに割り当てて使うためのソフトである。

デフォルトでMacに入っているアプリだ。

Boot Camp は Mac 付属のユーティリティです。Boot Camp を使えば、macOS と Windows を切り替えて使えます。

Apple「Boot Camp サポート」

2016年で更新は止まっているものの、Catalinaでも動作に問題ない。

Windows10のイメージファイルをダウンロード

マイクロソフトの公式ホームページから、Windows10のイメージファイル(.iso)をダウンロードする。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

エディションはWindows10(Home)、製品の言語は日本語、ビット数は64bitでOK。

(いま出回っているmacならほぼ64bitなので、CatalinaにアップデートできるMacなら気にする必要はないと思う。そもそもCatalinaOS、32bitのアプリと互換性ないし……)

いま使っているMacのビット数を調べたいなら、リンゴマーク()→「このMacについて」→「システムレポート」→プロセッサ名を見つけ出し、それをネットで検索して判断する。

Windowsのイメージファイルは5GBくらいのサイズなので、気長に待とう。自分の環境で5分くらいかかった。

ダウンロードしたファイルは、デスクトップに移しておく(ダウンロードファイル内だと、この後の操作でつまづくため)。

Macのバックアップをとっておく

なにかあったら怖いので、タイムマシンなどでPCのバックアップをしておく。

外付けの記憶媒体はすべて外さないと「Boot Camp」で進めないので、バックアップしたらメモリやHDDはPCから取り除いておこう。

Boot Campの起動→OSインストール

Finder→アプリケーション→ユーティリティからBoot Camp アシスタントを開く。

そのまま「続ける」をクリック。

自動的にイメージファイルを見つけてくれる。

パーティションは最小サイズで良いと思う。ISOイメージの場所を確認してから、インストールをクリック。

サポートソフトウェアなどは勝手にダウンロードしてくれるので、しばらく待機。自分の環境で、10分くらいかかった。

ひととおり終わると、Macがシャットダウンする。

Windowsの初期設定を済ませる

自動で再起動されるので、従来のPCと同様、Windowsのインストールを行う。

キャプチャできなかったので、他サイトの導入手順を紹介。ここ↓のサイトが分かりやすかった。

パソコン初心者講座「Windows 10 インストール」

気をつけておくべきこととすれば、

  • パーティション設定はいらない(すでにやっているため)
  • ライセンスキーは入力せず、「あとで認証」を選ぶ
  • MacのキーボードでWindowsの入力をするとき、全角・半角はesc下の「」キーで切り替える
  • US配列のMacキーボードの場合、アットマーク「@」は変換で入力したほうが早い

くらい。あまり考え込まずに進めても問題ないと思う。

設定が終わったら、Windows10を使えるようになっているはずだ。

AviUtl・ゆっくりムービーメーカーの導入

あとは、Windowsで行うようにAviUtlやゆっくりムービーメーカーを導入するだけ。

ここも他で詳しく解説されているので、公式や解説サイトなどを参考に。ここでは紹介にとどめておく。

AviUtlとプラグインの導入方法

ゆっくりMovieMaker4α(公式サイト)

書いてて気づいたのだが、ゆっくりムービーメーカー4は単体で使えるので、AviUtlを入れる必要はない。

せっかくなので、どっちも導入しておいたが。

まとめ

MacでAviUtlを使いたい!と思って始めた作業だったが、考えていたより簡単に終わらせることができた。

AviUtlに使い慣れてしまった身としては、標準のiMovieは字幕機能が微妙だし、有料で海外のソフトを買いたいとも思わない。

あとはマウスを準備しておけば、たいていの作業に困ることはないだろう。

いま手元にあるのはMacだけで、ゆっくり実況をするためだけにPCを買うのもなぁ……という人は、参考にしてほしい。

感想をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました