ゲームをやめるためには、「絶対にゲームができない状況」を作り出す方法しかないと思う

記事内に広告が含まれています。

ぼくは数年前まで、1日8時間くらい、毎日ぶっ通しでゲームをやっていました。

廃人なのか?といわれれば微妙なラインですが、トイレの中や徹夜はもちろん、風邪で熱を出してもゲームしていたくらいなので、たぶんヤバかったんだと思います。

ゲームにどっぷりハマっているけど、なんかいろいろあって「完全にゲーム絶ちしたいな〜」と考えているなら、

  • 「絶対にゲームができない状況」
  • 「ゲーム機本体・アプリを、自分の目に止まらせない」

ような生活を作るしかありません。いちど覚悟を決めたところで、いつか必ず途切れて、もとの環境に戻ってしまうためです。

じゃあ、どうすればゲームを断つことができるのか。

本気でゲームをやめたい!という方に向けて、ぼくが行ってきたゲームを止める手段をまとめてみました。

「家庭用ゲーム機」の場合

本体を売る

これがいちばん簡単な方法はないと思います。本体がなければゲームをすることができません。

不思議なもので、生活の中でゲーム機本体を目にすると、無意識のうちに手が伸びてしまうんですよね。

  1. ちょっと休憩
  2. なんか暇だなぁ……
  3. (あ、ゲームがある)
  4. 手がゲーム機の中にある

この③のプロセスを経なくなるので、かなりオススメです。

セーブデータを消去する

家族と共用しているなどの理由で日常から切り離せない場合は、自分用のセーブデータをすべて削除しましょう。

例えば、PS4やSwitchなどのコンシューマー機なら

  • 本体からアカウントデータを削除
  • バックアップ機能を外して、クラウド保存しているデータも削除
  • 今後一切、自分のアカウントを作らない

といった感じです。

ソフトによるかもですが、またイチからやらないといけないのか……と面倒に思うようになるかもしれません。

「スマホアプリ系のゲーム」の場合

アプリを消す

ゲーム機本体の考え方と一緒ですね。スマホ画面にゲームを表示させないことで、無意識レベルのプレイを止める方法です。

この手法が効くのは、ローカル(本体だけ)にデータを記録するタイプ。アプリを消すだけでセーブデータも一緒に消えます。

クリアしないと次のステージに進めない系のアプリなら、やはりまたイチからやらないと……という思考になるので、わりと最適です。

キャラを全部売る

有名どころのゲームアプリって、クラウドサーバーにセーブデータを保存するんですよね。

プレーヤーとしてはありがたい反面、アプリを消してもアカウントIDなどから復元できちゃうので、数ヶ月〜数年後くらい経てば、復帰勢に返り咲いてしまう可能性が高いです。

なので、セーブデータを消すことができないスマホアプリであれば、今まで貯め込んできたキャラやアイテム・ゲーム内通貨を、すべて削除or売却しましょう。

仮に復帰したいな……という気持ちに駆られても、元のデータが存在しなければ、意気込みが低くなります。

おわりに

振り返ってみると、ぼくは小学生時代から、ヒマな時間さえあればゲームをしていました。

小〜中学生のときには、家に籠もって家庭用ゲーム機。高校〜大学生のときにはPCのオンラインゲーム。

「社会人になれば時間もないし、ゲームはできないだろうな〜」と思っていましたが、お金が増えたこととスマホの普及により、今度はアプリゲームに課金するようになっていたのです。

いまはどうなのか?と聞かれれば、週に1〜2時間ほどに落ち着いています。やっているんかい!というツッコミはナシにしておいてください()

趣味の一環としてやるならともかく、身体を壊すレベルになると終わるので、ほどほどの距離感でゲームを楽しむようにしましょう。

雑記
スポンサーリンク
わらラボ

コメントはこちら