傷病手当金の支給申請書の書き方|うつ病で退職後、初めて申し込みする人向け

スポンサーリンク

会社に勤めて2年。うつ病を発症して2月から休職し、3月末に退職した。

幸い休職中は給料が出ていたため、退職してから傷病手当金を申し込むこととなった。

この傷病手当金、条件を満たせば「退職後にはじめて申請する人」でも支給されるのだ。

サツリ
サツリ

在職中からもらってないと、退職後はもらえない……というわけではない

今回は、うつ病で退職してから傷病手当金をはじめて申請したい人に向けて、申請書類の書き方とチェックしておきたい項目をまとめた。

モデルケース(20歳・うつ病により退職)

分かりやすいように、今回のモデルケースは自身の経験をもとにする。

モデルケース
  • 2018年4月
    入社

    新卒で入る

  • 2019年12月
    精神科に通院

    睡眠障害により、精神科に通院をはじめながら勤務

  • 2020年2月
    うつ病&休職

    不眠が治らず、精神科でうつ病と診断。休職する

  • 2020年3月
    退職

    体調が良くならないため、退職

会社で加入していた健康保険は「全国健康保険協会(協会けんぽ)」であり、障害年金などは受けていない。

傷病手当金の申請書を用意する

傷病手当金の支給申請書は、保険証に記載されている協会けんぽの支部に行けばもらえる。

協会けんぽであれば様式はどこでも一緒なので、遠かったり、行くのがしんどかったりする場合はホームページから印刷しよう。

⇒ 健康保険傷病手当金支給申請書(協会けんぽ)

協会けんぽでもらう申請書はしっかりした材質の紙だが、提出そのものはコピー用紙でも大丈夫。

また印刷するときは、A3の見開きページで両面印刷してもいいし、それぞれA4で一枚ずつコピーしてもいい。

傷病手当金の申請書の書き方

申請書は、ぜんぶで4ページある。

各ページの記入者
  • 自分が書くのは「1〜2ページ」
  • 会社が書くのは「3ページ」
  • 医師が書くのは「4ページ」

退職後にはじめて申請する場合、1〜4ページすべての項目が記入されてないと、傷病手当金を受け取ることはできない

なので、「退職したあとでも書類さえあれば大丈夫でしょ」と考えるのはNG。

どうしても第三者に書いてもらう箇所が出てくるので、傷病手当金をもらうと決めたら、早めに会社の担当者・医師に相談しておこう。

会社に「事業主記入用」(3ページ)を埋めてもらう

まず、事業主(会社)のページを埋めてもらう。記入例は、こんな感じ。

傷病手当金・申請書の記入例(事業主)

先に事業主の欄を書いてもらう理由は、自分で書く欄(1ページ)の報酬額が分からないため。

自分で1〜2ページを埋めてから会社に郵送してもいいんだけれど、報酬額だけは会社に確認しないといけないので、二度手間となってしまうのだ。

サツリ
サツリ

退職してからだと頼みづらいし……

また、会社が記入した内容を事前に確認できる意味もある。

休職中に傷病手当金を申請するときは、会社を経由して申請することとなるが、退職後だと自分で協会けんぽに提出しなければならない。

ほとんど無いと思うけど、担当者の記入ミスが発覚でもしたら、書類の不備として申請できなくなってしまうのだ。

書いてもらったら、自分でも以下の点をチェックしておこう。

退職の3日前〜退職日は「休み扱い」になっているか?

まず1つ目、勤務状況について。

退職してからはじめて傷病手当金を申請するときの支給要件は、以下のとおり。

傷病手当金の支給要件
  • 業務外の事由による病気やケガのため療養中であること
  • 仕事につけないこと(労務不能)
  • 3日間連続して仕事を休み、4日目以降にも休んだ日があること
  • 資格喪失日の前日(退職日など)までに被保険者期間が継続して一年以上(任意継続被保険者期間は除く)あること
  • 資格喪失日の前日(退職日など)に傷病手当金の支給を受けているか、または受けられる状態にあること

小難しく書いているが、つまり

  • 1年以上「雇用保険料」を支払っている
  • 退職の3日前〜退職日に「出勤扱い」がない

ときのみ、退職後に初めて申請してももらえる、ということである。

例えば、退職3日前〜退職日までが休みのマーク(△、公、/)であれば、支給の条件を満たすのでOK。

けれど、もし「退職の3日前まで」に出勤(○)がついていたり……

退職日に出勤扱いとなってしまうと、支給要件を満たさなくなる。

ここのマークが違うだけで、支給されるかどうかの運命が変わるので、必ず確認しておこう。

書類の証明日は「退職日」より後となっているか?

また書類の証明日は、退職日以降の日付となっているかチェックしておきたい。

傷病手当金の申請書では、「未来の日付を証明することはできない」決まりがある。

今回のモデルケースだと、3月31日に退職するのは、あくまでも予定。

在籍しているうちに申請書を書いてもらう場合、会社の担当者によっては、書類を記入した日付にしてしまうこともあり得るのだ。

サツリ
サツリ

3月中旬に書いてもらったとしたら、その日付が証明欄に書かれていたらダメってこと

3月いっぱい休んでいたことを示したいなら、「3月31日以降に証明しましたよ!」と書いてもらわないと、書類としては不備になる。

だから、書いてもらうなら退職日以降の日付でお願いしよう。分かりやすく、「退職日の日付で記入してください」でOKだ。

医師に「療養担当者記入用」(4ページ)を埋めてもらう

会社に埋めてもらったら、次は医師に記入をお願いする。

記入例は、こんな感じ。

傷病手当金・申請書の記入例(療養担当者)

初診日や診断名は病院のカルテを調べないと分からないうえに、申請書を書いてもらうときはお金もかかってくる(保険適用・3割負担で300円)。

医師も慣れているだろうし、規格に沿って書いていくだけだから、任せっきりで大丈夫だろう。

それでも、自分でチェックしておくべき場所はある。

転帰が「繰越」にチェックされているか

それは、3ページの「転帰てんき」という欄。各項目の意味は、以下のとおり。

治癒ちゆ・・・すでに治ったか、現状以上の回復が見込めない(治療の効果なし)
中止・・・何らかの理由で治療を中止する
繰越・・・回復が見込めるため治療を継続中
転医・・・転院などで担当医が変わる

うつ病で通院を続けている場合、回復に向けて治療を続けていることがほとんどなので、繰越にチェックされているか確認しよう。

サツリ
サツリ

もし治癒だと、協会けんぽ側から「うつ病で通院する必要がなくなった」と見られてしまう可能性がある

わたしは体験してないが、ネット上で「医師が治療ちりょうと勘違いして治癒ちゆにチェック→申請書が返却」という書き込みを見かけた。

いちおう、目は通しておこう。

自分で「被保険者記入用」(1〜2ページ)を書く

会社と医師に書いてもらったら、最後に自分が記入するところを埋めていく。

記入例は、こんな感じ。

傷病手当金・申請書の記入例(被保険者①)
傷病手当金・申請書の記入例(被保険者②)

協会けんぽのホームページに詳しい書き方が載っているので、そのとおりに入れていけばOKだ。

⇒ 全国健康保険協会「傷病手当金の支給申請書・手書き記入例」

ここでは、記入するときに注意しておきたいポイントだけ紹介する。

保険証が分からないときは「被保険者資格喪失届」を確認する

  • すでに保険証を会社に返した
  • いまは手元に保険証がない

などの理由で記号・番号が分からない場合、退職後に会社から受け取る「被保険者資格喪失届」で確認できる。

会社によって様式は違ってくるので、送られてきた書類は自分で調べる必要がある。

どうしても分からないときは、保険証の番号を会社に聞くか、マイナンバーカードの裏表コピーを添付して代用しよう。

振込先は「会社で使っていた口座」でなくてもいい

また、振込先の指定口座については、会社で使っていた銀行口座でなくてもいい。ネット銀行でも大丈夫である。

サツリ
サツリ

地銀だと時間外手数料がもったいないと思ったので、わたしは「ゆうちょ銀行」に変更した

ゆうちょ銀行の支店名などは、通帳・キャッシュカードにある口座番号をもとに、公式サイトで調べることができる。

⇒ ゆうちょ銀行「記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べる」

支給申請書の記入例ではゆうちょ銀行で紹介されているので、こちらを使ったほうがスムーズかもしれない。

病状や給料の状況については、3〜4ページを参考にする

自分の病気の状態・会社の給料の状況について書いていく2ページ目では、

  • 傷病名と初診日については4ページ
  • 療養のため休んだ期間や勤務状況・給料については3ページ

の情報をもとに埋めていこう。

サツリ
サツリ

ここで、最初に会社・医師に記入してもらった意味が出てくる

労災保険や障害年金などは受けてないから、すべて「3.いいえ」を選べばOK。

協会けんぽに提出して、完了!

ここまで順を追っていけば、支給申請書のすべての項目が埋まっているはず。

あとは協会けんぽに出向いて提出するか、郵送で送れば手続きは終了する。

初回の申請で「3月末まで休んでいた」ことを証明できれば、その後の申し込みは自分と医師の欄だけ記入していけばいい。

サツリ
サツリ

傷病手当金は、毎月申請するからね

はじめてのことだらけで心配かもしれないが、1つずつゆっくり進めていこう。

感想をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました