フレッツ光から「おてがる光」に転用したので、その時の手続きの流れとかまとめておく

スポンサーリンク

ちょっと前に光コラボの料金比較をしてみた結果、これまで十年くらい使用していた「フレッツ光ネクスト」から、光コラボの「おてがる光」に切り替えを行うことにしました。

転用するにあたってどんなことをしたのか、具体的な流れとともにメモとしてまとめておきます。

申し込んだ時の流れ

NTTに「転用承諾番号」を申し込む

まず、NTTのホームページで転用するための番号を取得します。

光コラボレーション(転用)のお手続き

電話だと身分確認のため(?)本人しか取得できないようですが、ウェブなら「お客さまID」さえ分かれば進むことができるので、基本的にサイト経由で申し込んだほうが早いです。

必要事項を入力して送信すれば、すぐに転用承諾番号が記載されたメールが届きます。

おてがる光に申し込む

転用許諾番号を手元に置きつつ、おてがる光の公式サイトから申込みをします。

【公式サイト】おてがる光

今回はフレッツ光からの転用なので、新規ではない点は注意ですね。

必要事項を入力し終えれば、おてがるコンタクトセンターから「ご連絡希望日及び時間帯」が記載されたメールが届きます。転用許諾番号をもとに、既存の契約情報とか調べてから連絡が来るようで、だいたい30分〜1時間くらいあとに電話がかかってくると考えてよいでしょう。

ぼくの場合、申し込んだのが土曜日の10時45分くらいで、電話が来たのは11時10分くらいでした。

電話でいろいろ説明を受ける

サポートセンターの人から、契約にまつわる情報や説明を受けます。

  • 初月は「転用手数料」として2,200円かかる
  • 月々の基本料金は4,708円、IPv6のオプションで165円なので、毎月4,873円かかる
  • 切替日は最短で2週間後なので、8月21日〜となる
  • 翌日以降に「開通の案内」「支払いフォーム」のメールが届くので、そちらでクレカ情報などを記入してもらう
  • 開通日までにこちらでIPv6対応ルーターを設置しておき、ホームゲートの自動設定ができるようにしておく(プロバイダ設定はいらない、向こうで勝手にやってくれるらしい)
  • 手続きが済めば、開通日の17時ごろまでには使えるようになる

といった流れで、約10分くらいで終わりました。

基本的に聞いているだけだったので、そんなに悩むこともなかったですね。

なお、ひかり電話については転用時に申し込みしなければ自動で解約されるとのことでした。こちらから改めて、NTTに解約の申し込みをする必要はないです。

ちょっとした不満点とか

ただ一点、ホームページに記載されてないものとして「月額550円の安心サポート」が勝手に付帯されてしまうというのがありました。最初は自動で付けなければいけないらしい。

申し込み時点で選択肢を選ばなかったのに、結局付帯するのはちょっと納得できないですね(´・ω・`)

しかも、オプションを解約するには、開通日してから電話で外す旨を伝えるしか方法がないそうで。

初月無料のうちに解約するなら、月末までに電話しないといけません……

おわりに

契約関連って、店頭での申込みだったら半日くらい余裕でかかっちゃうんですよね。ネットで完結するものだと1時間もあれば終わるので、いい時代になりました。

サポートのオプションが勝手につけられた以外はとくに不満点もなかったので、開通したらスピードとかどれほど快適なのか、試してみたいですね。

感想をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました