【独断と偏見】光コラボで期間や料金などの縛りがない、「本当に安い」事業者を比較してみた

スポンサーリンク

いままで使っていた光回線の契約が更新月を迎えそうなので、光コラボの乗り換えを検討しています。

でもインターネットの契約って、これでもか!ってくらい複雑なんですよね。

  • 2年間は特別割引します!(3年目からは通常料金かかるけど)
  • 初期費用や工事費は無料です!(指定のオプション加入必須だけど)
  • 実質○○円です!(使いにくいポイントやキャッシュバック制度を使うけど)

といった縛りが多すぎる上、Googleで検索しても「このプロバイダがオススメです!理由は〜(利益の高い業者だからプッシュしているだけ)」みたいなサイトばかり表示されて、まったく参考になりません(´・ω・`)

ということで、「自分用に絞った、本当に安い光コラボ」を比較するためのメモを作り、記事化することにしました。

5chなどを参考にして”独断と偏見”で決めた上に、ゴリゴリ私見を入れていますが……それでも良ければ参考としてください。

乗り換え先の光コラボで検討している業者

ぼくが望んでいる項目は、こんな感じ。

  • 契約期間の縛りがない(あっても最初だけ)
  • 高速化のため、IPv6接続をしたい
  • 戸建ての月額料金が安い
  • ルーターは自分で買う

これらの条件に当てはまり、いくつか検討している業者でまとめると、ぼくの場合は長い目で見れば「おてがる光」が一番安く済むかな〜と感じています。

業者初回料金(初月)月額総額(2ヶ月目〜)
おてがる光9,273円4,873円/月
@スマート光8,360円5.060円/月
enひかり7,128円4,928円/月

※日割り等は考慮していません

それぞれの特徴とか書きつつ、料金の内訳などの詳細をまとめてみます。(以下、すべて税込みで表記)

おてがる光

月額料金戸建て:4,708円/月
マンション:3,608円/月
初期費用新規:17,000円〜20,000円
転用:4,400円
IPv6接続165円/月(オプション)
最低利用期間なし
公式サイトhttps://otegal.jp/

インターネットの混雑を回避する「V6プラス」をオプションとしてつけても、転用で使うなら月額費用がいちばん抑えられます。

公式サイトをチェックした感じ、土日に工事することで上乗せ料金がかかることはなさそうです。

ただこの業者で「新規で回線を引っ張ってくること」から始めると2万円くらいかかっちゃいます。建物に光設備がなく、最初から工事したいなら止めたほうがいいでしょう。

初期費用の読み取りがめんどくさい……

初期費用に関して、ちょっと分かりづらいので補足。

公式サイトでは「契約事務手数料」と「工事費」を分けて表記していることから、これら2つを合算して「初期費用」としました。

まず「契約事務手数料」について。これには

  • 転用手数料
  • 事業者変更手数料
  • 同番移行手数料

の3種類があり、いずれの場合も2,200円と同価格で徴収しているため、ひとまとめに「契約事務手数料」と表されています。ぼくの場合は転用なので、契約事務手数料=転用手数料の2,200円の支払いになる……ということですね。

次に「工事費」。部屋に光コンセントがあるかどうかで金額が変わり、

  • 光コンセントがある場合→「無派遣工事」代として2,200円(共通)
  • 光コンセントがない場合→「新規工事費用」として18,180円(戸建)or15,150円(マンション)

という設定になっています。

ぼくの場合は光コンセントがある状態なので、無派遣工事で2,200円。

以上を合算すると、

2,200円(転用手数料)+2,200円(無派遣工事) = 初期費用4,400円

となります。

書いててぜんぜんお手軽じゃないなぁ……とか思ったのはさておき(´・ω・`)

@スマート光

月額料金ホーム:4,730円/月
マンション:3,630円/月
初期費用新規:3,300円
転用:3,300円
IPv6接続330円/月(オプション)
最低利用期間あり(2年)、違約金22,000円
公式サイトhttps://smart.ne.jp/
  • 土日・休日に工事をする場合、別途3,000円かかる
  • v6プラスは若干割高(毎月300円)
  • 最低利用期間がある

といったマイナス部分はありますが、新規で光回線を開通したいなら、回線工事が無料なので良いと思います。

逆に転用で使うなら月額費用が高くつくため、ぼくは見送りました。

初期費用が単純で、工事費無料キャンペーンをやっている

初期費用の内訳は、

  • 事務手数料:3,000円(共通)
  • 工事費:18,000円(戸建て)、15,000円(マンション)

となっており、他の2つより簡単です。

また工事費に関しては、新規で申し込んだ人のみ「初期費用無料キャンペーン」をやっています。

1ヶ月くらいで申し込み期限を設けているようですが、毎月やっているキャンペーンっぽいので、急いで契約する必要はないかも。

enひかり

月額料金戸建て:4,730円/月
マンション:3,630円/月
初期費用新規:5,500円〜17,350円
転用:2,200円
IPv6接続198円/月(オプション)
最低利用期間なし
公式サイトhttps://enhikari.jp/

業界最安値を謳っていますが、料金だけ見ると「おてがる光」に負けています。

オプションを付帯して、ようやく@スマート光より安くなるかな……って感じなので、微妙ですね。

転用なら、初期費用は簡単

初期費用は、転用の場合は事務手数料の2,200円だけです。

新規で回線から引っ張りたい場合は、下記のように3パターンの支払いが発生します(下記は引用なので、税抜表示です)。

新規工事費用は設置場所の状況により、3つのパターンがございます。
①無派遣工事 2,000円
②訪問工事あり、屋内配線新設なし 7,600円
③訪問工事あり、屋内配線新設あり 15,000円

enひかり(公式サイト)

たとえば、引っ越したマンションで光コンセントが使える状況であれば、①を適用して

2,200円(事務手数料)+2,200円(無派遣工事) = 4,400円

となります。

また新築の戸建で光コンセントを新しく付けたいのであれば、③を適用して

2,200円(事務手数料)+15,150円(訪問工事&屋内配線新設) = 17,350円

となるでしょう。

工事の有無が不明なら、契約前にenひかりに要相談、という感じですね。

おわりに

各業者の料金プランを比較してみましたが、要するに

  • 新規で回線から引きたい:「@スマート光」が工事費無料キャンペーンをやっているのでオススメ
  • 光回線を転用したい:「おてがる光」の月額料金が一番安い

となります。初期費用がめんどくさいことさえ目をつむれば、ぼくは「おてがる光」が適していると思いますね。

もし回線工事から行いたい状況であれば、

  1. 「@スマート光」で工事費無料キャンペーンを使いつつ、開通
  2. 2年後に「おてがる光」に乗り換える

とすれば、安く済むかも……?って感じました。

乗り換えを検討しているなら、複数の業者における「初期費用」と「月額総額」を、しっかり調べておきましょう。

感想をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました