ブログ記事の外注化を”効率よく”回すためのテンプレート文章まとめ【コピペOK】

記事を外注化するとき、繰り返し行われるやり取りは「テンプレート化」しましょう。

何度も同じような文章を書いていると負担がハンパないので、できるだけコピペで済ませるような仕組みを作ることが大切です。

今回は、実際にぼくが使っている外注依頼〜納品までの「テンプレート文章」を、業務の流れに沿ってご紹介します。

クラウドワークスとWordPressを使っているなら、ぜひ参考にしてください!

外注募集のテンプレ文章

外注を募集するときのテンプレートは、こんな感じ。

ご覧いただき、ありがとうございます!

本案件は「未経験者でも、在宅で稼ぎながらライティングを一から学べる」をテーマに、トレンドブログサイトのライターさんを募集します。

  • ブログソフト(WordPress)の使い方
  • ライティングスキルの向上
  • WEBに関する知識

など、完全初心者の方でも迷わず簡単に使用できる『専用マニュアルサイト』をご用意しております。

■業務内容

テレビネタ、トレンド、旬なネタなど
※特別な知識がなくても、調べれば執筆していただける内容ばかりです

■記事作成内容

・掲載ジャンル:トレンドブログサイト(芸能系)
・文字数:1記事あたり1,500~2,000文字程度(タイトルにより前後)
・画像挿入や文字装飾:あり

■記事作成方法

マニュアルを元に、契約後にお知らせするWordPress内で記事作成していただきます。
(ワードプレスの使い方や記事作成方法についても一から教えるので今まで利用したことがなくても大丈夫です!)

また、タイトルや見出しはこちらで作成します。

■ 報酬

公開できる状態まで仕上げていただき、報酬のお支払いとなります。

テスト記事:500円/記事
※修正箇所がある場合、修正もお願いします

本採用後:1000円/記事
※記事執筆数や継続期間によって昇給もあります

■必要なもの

・パソコン(スマホ不可)
・ネット環境
・チャットワーク(無料アプリ)

■ 納期・納品方法

・ノルマ:最低1記事/週(執筆数の増減可)
・納期:数時間~1日
・WordPress内で納品後、クラウドワークスにて検収&お支払い

■応募時のお願い

応募する際は、下記をご確認ください。

〜〜〜

1.[応募画面へ]をクリック

2.必須項目の入力

・支払い方式:固定報酬制

・契約金額 :500円(1記事分の報酬金額として)

・メッセージ:以下の点をご記入ください。

 ①簡単な自己紹介
 ②作業可能な曜日、1週間にできる作業時間
 ③過去のライティング実績(あれば)

3.[応募する]をクリック

〜〜〜

業務の説明は以上です。ご質問、ご相談はお気軽にメッセージください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。あなたからのご応募お待ちしております!

外注募集でいちばん重要な部分なので、自分で募集文を書くときは、絶対に手を抜かないようにしましょう。不足していると、トラブルの元となります。

個人的に気をつけたい項目について、ご紹介しますね。

募集文に書くべきこと

募集対象者はビシッと決めないと、応募者の質も落ちてしまいます。外注を募集するときは、必ず「ブログのジャンル・テーマ」を絞って作るようにしましょう。

また、ぼくが募集概要を作るときは、次の9つを明記するよう心がけています。

募集要項に書くべき内容
  • 掲載メディア(ジャンル)
  • 必要なもの
  • 文字数
  • ノルマ(週or月でどのくらい)
  • 記事の作成ツール(WordPress)
  • 画像挿入・文字装飾の有無
  • 報酬
  • 納期方法
  • 応募時のお願い

掲載メディア(ジャンル)

書いてもらうジャンル(音楽系、芸能系、テレビ番組系、イベント系、……)などを設定します。

ジャンルによって得意・不得意は千差万別ですから、可能なら「実際に掲載するメディア」を募集段階で紹介するといいでしょう。

「このような記事を作ってもらう」とイメージしてもらうだけでも、とっつきやすくなります。

必要なもの

PCのみの作業なのか、スマホでもできる内容なのか。使うツール(ChatWorkなど)は何なのか。

ここも明記しないと、スマホだけで済ませようとしてくる外注さんが応募してくるため、トラブルの元となります。

文字数

あまり文字数は重要ではない……と言われている昨今ですが、最低限のルールとして「1記事あたり○○文字以上」と明記するようにしましょう。

文字数のルールが曖昧だと、スカスカな内容で提出してくるライターさんがいるためです。

マニュアルや記事のテンプレート(見出しなど)が決まっているなら、そちらに最適と思われる文字数に。

とくに型を決めず、構成からライターさんにおまかせする場合は、1000〜2000文字あたり「1500円」が目安です。

ノルマ

記事を納品してもらうノルマ(基準)を設定します。

実際にやってみないと分からないと思うので、自分で1記事書いてみて割り出すといいですね。

  • どのくらいの時間がかかったのか?
  • 週に3日できるとして、何本納品できるか?

など、自分の中での基準を作ってからノルマを設定すると、業務量・報酬のバランスも把握できると思います。

なお、ノルマは「とりあえず聞いておくだけ」でOKです。

2〜3人くらいしか雇わないならいいんですけど、10人くらい抱えるようになると、誰がどのペースで納品できるか把握するだけで時間がかかってしまうんですよね……

応募の段階では、意気込みレベルの目安としておきましょう。

記事の作成ツール

これは無くても大丈夫ですが、個人的には記事の作成ツールは明確にしたほうがいいです。

ライターさんによって「WordPressは経験アリ」「Wordは持ってない」など作業環境が違うので、契約してからトラブルがあると面倒くさいことになります。

WordPressにログインして作るのか、Wordやテキストで納品してもらうのか、それとも別のツールを使うのか……

最初に「こんなツールを使います!」と明記したほうが、相手の心構えとしても親切です。

画像や動画・文字の装飾などの有無

メディアによっては「見栄え」が必要となりますから、この案件ではこんな装飾をお願いしています〜ということも書いておきましょう。

「マニュアルに画像や動画・文字の装飾など、詳細なやり方をまとめてあります」と明記すれば、初心者でも安心して作業できることを伝えられます。

報酬

1記事あたりの報酬について、必ず要項に書いておきます。

「応募時に記入してほしい額」と「手取り額」の2つを書いてあげると、優しいですね。

クラウドワークスの例

1記事1500円で応募しているなら……

応募時に記入してほしい額:1500円
システム利用料控除後のメンバー報酬:1200円

納品方法

納品はクラウドソーシング上で行うことを明記します。まれに銀行振込にする人もいるようですが、サービスの禁止事項となっているため、止めたほうがいいです。

ぼくは「下書きされた記事をチェックし、OKが出たら納品手続きをとってもらう」ようにしていました。

応募時に答えてほしいこと

応募するとき、下記の3点を返答してほしい旨を書いておきます。

返答してもらう内容
  • 応募するときは○○円と記入する
  • 簡単な自己紹介
  • 過去のライティング実績
  • 対応可能な記事数や時間

これらに答えない・できてない人は、応募の時点でクビです。

(書いてあることを読んでない……ってことなので、連絡のやりとりがスムーズにできないと判断)

厳しいようですが、自分の時間にも限りがあります。身を守る意味でも、相手はキッチリ選びましょう。

ChatWorkへ誘導する

応募まで済み、契約まで進んだら、クラウドソーシング上のメッセージからChatWorkへ誘導します。

はじめまして、担当の○○と申します。
このたびは本案件ご応募いただき、ありがとうございます!

はじめに、下記の内容をご確認ください。

〜〜〜

■今後の流れ

①契約後のやり取りについては、

チャットでのやりとり:チャットワーク
お金のやり取り:クラウドワークス

となります。

②サイトに直接ログインし、記事作成をしていただきます。

→個人アカウントを作成いたしますので、メールアドレスをお知らせいただきます。
→テスト記事でも、公開できる状態まで仕上げていただきます。

※詳しいやり方を解説した動画マニュアルがありますので、ご安心ください

〜〜〜

上記2点、問題ないことを確認のうえ、「同意の可否」についてご連絡ください。

クラウドワークスならテンプレ文章を登録できるので、上記を改変して保存しておくといいですね。

ChatWorkでのやり取り(個別編)

相手から同意の連絡が来たら、ChatWorkに誘導しましょう。

ご連絡ありがとうございました!それでは、記事作成などの詳細はチャットワークでお伝えいたします。

以下のチャットワークIDに、「クラウドワークスでのユーザー名」を添えてコンタクトをお願いいたします。

チャットワークID:●●
https://chatwork.com/●●

チャットワークURL
https://go.chatwork.com/ja/

こちらからChatWorkのIDを聞いて登録するよりも、相手から申請してもらったほうが楽です。

ChatWorkで申請が届いたら、次にメールを教えてもらいます。

注意点として、自分からもChatWork上で「クラウドワークス」のIDを教えるようにしましょう。

ライターさんも誰から来たアカウントなのか不安になります。添えておくと良いですね。

お世話になっております、●●です(クラウドワークスの表示名は「●●」です)。

コンタクト申請ありがとうございました!これからどうぞよろしくお願いいたします。

まず、サイトログイン用のアカウントを作成いたしますので、メールアドレスをお知らせいただけないでしょうか?

(こちらのChatWorkに登録しているものでOKです)

たまに「@」以前にドット「.」が含まれている場合、WordPressでログイン登録情報の処理を完了させてもメールが届かないことがあるので、英数字のみのメールアドレスをお願いしたほうが無難かもしれません。

WordPressのアカウントを作成したら、マニュアルとともに下記のように返信しましょう。

ありがとうございます!アカウントの準備が出来ましたのでご連絡いたします。

【ID】
●●

【依頼サイト】
●●

パスワードは、セキュリティの観点より伺ったメールアドレスへ送信しております。

■初回ログイン手順
●●(マニュアルor動画解説を記載)

①メールに記載されているURLをクリック
②ログイン画面が表示され、「新規パスワード」内の記号を含む文字列がパスワード

※こちらの文字列は初期設定でランダムに作られたものなので、ご自身で覚えやすいパスワードに変更していただいても構いません。

お手数おかけしますが、受信メール(迷惑フォルダなども確認)よりご確認お願いいたします。

また、作業全般のご説明は、下記の動画のとおりです。

■作業内容について
●●(マニュアルなどを記載)

以上すべてに目を通し、問題ないことを確認しましたら、ご連絡ください!

(その際、クラウドワークス上で契約手続き&仮払いされていることも、合わせてご確認ください)

専用のグループチャットに招待し、今後のやりとりを進めさせていただきます。

これらすべてに目を通すよう指示し、相手から「確認した」というメッセージが届いたら、グループチャットに招待です。

ChatWorkでのやり取り(グループ編)

グループチャットに入室させたら、そのまま業務を渡します。業務指示の文章もテンプレ化すると、回転が早いです(①)。

お待たせいたしました!それでは、下記の記事制作をお願いします。

〜〜〜〜〜

●●(依頼する記事のキーワードなど)

〜〜〜〜〜

業務の流れは、個別にお送りした動画か、グループチャットに記載されているマニュアルからご確認ください。

■補足
業務を始める前に、

・『ライターさん一覧』タブの項目を記入
・担当業種タブの「記事作成担当者」「記事作成状況」

を入力し、作業を進めるようお願いいたします。

担当表(スプレッドシート)

ご不明な点がございましたら、こちらのチャットにご連絡ください!

記事のチェックをお願いされ、修正点があるときは下記のテンプレを活用しましょう(②)。

ご提出ありがとうございます!いくつか修正点がありますので、以下をご確認ください。

〜〜〜

●●(修正点などを記入)

〜〜〜

以上、よろしくお願いします!

記事として完成したら、報酬を支払うことを促すメッセージを流します(③)。

クラウドワークスだと「マイルストーン払い」にすれば、スムーズに次の業務を渡せるのでおすすめです。

記事作成ありがとうございました!

本地域は完了としますので、シートに「完了」と明記したことを確認し、クラウドワークス上での納品手続きをお願いします。

あとは、記事を外注し続けるかぎり、これら①〜③を繰り返すだけです。外注さんも慣れてきますから、そうなれば楽になりますよ。

おわりに

記事を外注さんに依頼してから納品してもらうまでの流れに沿って、テンプレート文章をまとめていきました。

今のところ、ぼくは上記のテンプレ文を使い分けることによって、効率よく外注さんとやり取りすることができています。

また、スマホにはワンタップでコピペできるアプリも導入しておきましょう。ぼくはiPhoneの「コピペ帳〜 素早くコピー&ペースト」というアプリを使っています。

コピペ帳〜 素早くコピー&ペースト

そのまま使ってもいいですし、自分なりに改変してもOKです。ぜひ参考にしてくださいね!

感想をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました