無職ニートが働かない理由は「生活」と「お金」の悩みが少ないからだと気づいた

無職ニートになって、はや3ヶ月。

再就職先はおろか就活すらしてないけど、ぶっちゃけ大した危機感を持ってない。

学生時代は「ニートが働かない理由ってなんなんだろう?」と思っていたけど、新卒就職→2年で退職した経験を通して、分かったことがある。

生活環境と出費さえ困らなければ、暮らしていけるということだ。

今回は、ニートが働かない理由をつらつらと書いてみた。

ニートのわたしが就職活動をしてない理由

普通に生活できている

不眠症からの「うつ状態」となってしまい、退職と同時に実家へ帰ることとなった。

やはり実家は、お金がかからない。家賃はタダで食事にも困らない。

またもともとお金のかかる趣味も持ってない。本は図書館で読めれば十分だし、ゲームだって無料のソシャゲがいくらでもある。ブログを書くことも、サーバー代とドメイン代で月2000円もかからない。

ここ1ヶ月でお金を使ったところは、3000円ほどのバリカンを買ったくらいだろうか?

大した交友関係もなくインドアな趣味ばかりなので、交際費・交通費も一切ナシ。

ハッキリ言えば、普通に食って寝る生活をしていく分には、全く困らない環境なのだ。これがニートを生み出す最大の要因なんだろうな〜と感じている。

(すでに家族からは、ずっと家にいる自分をイヤな目で見るようになっているが)

「ストレス耐性」が低く、働くのが怖い

仕事でうつ病となってしまったことから、仕事におけるストレス耐性が低くなった。

そのため、新しい仕事場・環境で働くのが怖くなっている気持ちがある。

一時期通っていたカウンセリングの先生によると、

  • 新卒(もしくは初めての会社)で経験したこと
  • そのときの直属の上司

の2つは、「今後の自分の会社観に、最も影響がある」ものらしい。

慣れない環境で突っかかり、這い上がる気力が持てなくなる。そしてそのままニートになってしまう……というのが、現代の特徴とのことだった。

振り返ってみれば、学生時代から1〜2人くらいの知り合いしか作れなかったな。

上司はいい人だったけど、会社の風土が合わなすぎて対人関係に疲れ切り、精神を病んで辞めたのだ。

個人的には、働くのがイヤな理由は「人と関わるのがイヤで、ストレスが溜まるいっぽうだから」が一番かもしれない。

日本にいる限り、衣食住に困ることはない

わたしは退職する直前、うつ病により休職している。通院している期間も長かったので、休んでいる間に精神障害者保健福祉手帳(3級)を取得した。

そんな状況だから、すでに退職は決意して「辞めたあとの収入」について、社会福祉の制度や補助金などを調べまくっていた。

いろいろ調べていった結果、べつに日本で生活するだけなら衣食住に困ることはないな、と考えるようになった。

たとえば退職した直後でも、これだけの収入を確保することができる。

収入の例
  • 傷病手当金(最大1年6ヶ月)+失業給付(障害者で300日)で、2年3ヶ月は収入がある
  • ハローワークで年単位の職業訓練を受ければ、失業給付も延長できる
  • 通院期間が長くなれば、障害年金を申請することもできる
  • 新しくアパートを借りるなら、住宅確保給付金の制度を使えばOK

もちろん、上記はいつまでもある収入ではないので、いずれは別の収入源を確保しないといけないけど……

この安心感が、「いつか働く」と”先延ばし”の気持ちにつながっている部分は、たしかにある。

まわりが叫んでいるより焦りを感じてないのは、現時点で収入があるからなんだろう。

最悪「生活保護」がある

どこにも就職できず、上記の収入もすべて途絶えてしまったとしても、最後の手段・生活保護がある。

一人暮らしをしていた頃は、すべて込みで月10万円も使わない生活を送っていた。だから、たぶん生活保護を受けることになっても、暮らしの質は落ちないと思っている。

「世間体とか気にならないの?」という意見も見受けられるけど、そんなことを気にしていたら精神科なんて通わないし、新卒入社→休職→2年で退職→無職ニートの4連コンボなんてきめない。

日本は、とことん弱者に優しい国だと知っているから、働きたいと思えないんだろう。

おわりに

無職ニートが働かない理由を書いてみた。後半は金銭の話しか出てない気もするけど(´・ω・`)

自分がいちばん大切で、かわいいのだ。そのことに気づくまで2年かかったと思えば、大した買い物ではない。

ぶっちゃけ、もし思うように就職先が見つからないようなら、生活保護も視野に入れるべきだな、と考えている。無理して働いたところで、会社の迷惑だし。

感想をどうぞ

タイトルとURLをコピーしました